不用品回収

「いつか」を捨てて「いつも」をとる

衣替えの時期になるといつも考えます。いつか着るだろうと思ってタンスの奥にしまっておいた服は、一体いつ着るのだろうかと。結局そのいつかは訪れることなく年末の大掃除にまた困るハメになります。
いつか使うだろうの悩みは服だけではありません。よく考えてみれば家の中にある物の中でいつも使っているものなど限られたものだけで、いつか使おうとしてるものが大半なんじゃないかということに気がつきました。
「いつか」を捨てて「いつも」をとる。思えば昔の人は物をそんなに持っていなかったように感じます。経済が発展し社会が豊かになり巷には物がたくさんあふれるようになりました。本当にたくさんの物があふれています。自分にとって「必要な物」から「必要のない物」までたくさん。購買意欲をかきたてるCMが流れ、必要のない物まで買わされてはいないでしょうか?
「断捨離」が流行語となり、最近では「ミニマリズム」という言葉が注目を集めています。現代の人々はすこし物を持ちすぎたのかもしれません。ただ、いざ手放すとなると自分のお金で買った物だからもったいない気もします。うーん、悩みます。でも本当は買う前に悩むべきだったのです。人は買う前よりも買ったあとに悩む方が多いように思います。家にずっと置いてあるけど全く使っていないものがあれば、思い切って手放してみてください。
いらないものを手放すと、心まで軽くなります。

TOP